いつだって帰りたくなる、ほっとする・・・あなただけのマイホーム

窓の取り付け方一つで書斎の雰囲気は大きく変わります

読書の時間がストレス発散になっているぐらい、本を読むのが大好きだという人は、読書を楽しむための書斎をマイホームに作ってみましょう。
ただ本を読むだけに部屋を一つ用意するのではなく、窓の形を細くするなど書斎向けの設計にする事で、更に読書の時間を楽しみやすくなります。
書斎に取り付ける窓を大きくしすぎると、読書を楽しんでいる最中に強い陽射しが入り込んできて、読書の邪魔になってしまいかねません。
だからこそ住宅デザイナーが書斎を設計する時には、書斎だけ窓を細長く設計している事も多く、間接照明のように日光を活用する事が可能です。
程よい陽射しが入り込んでいる部屋で読書を楽しむと、なんて心が落ち着く時間を過ごせているのだろうと、心から満足できることでしょう。

スタディスペース付きの落ち着きを感じるキッチン

キッチンで鍋料理をしている時などに、鍋に火が通るのを10分ほど待っている必要がある際に、時間を有効活用できるスタディスペース付きのキッチンが主婦から好評です。
小休憩をするのにも最適で、パソコンや本を置いておくためのスペースとして活用するために、スタディスペースをマイホームに用意する人も増えてきています。
洗濯物をわざわざリビングなどに運び込む必要も無く、スタディスペースの小さなテーブルの上でアイロンがけを出来るなど、主婦にとっても有効活用しやすい空間です。
本やパソコンなどを自分の好きに配置が出来るので、主婦にとっては心が休まる自分だけの空間としても、スタディスペースは愛されています。
奥さんにとっても心が落ち着くマイホームにしてあげるために、スタディスペースをどこかに作ってあげましょう。

SE工法は地盤調査に基づいた構造計算や、金物で接合された柱や梁等によって木造建築の耐震性を高める工法です。構造計算に基づき、建物の強度を高めつつ自由度の高い設計を行う事が出来ます。

© Copyright House Things You Need. All Rights Reserved.