理想の家を現実へ!失敗しない家づくり

間取りが一番のポイント!

家づくりの一番のポイントは間取りで、日当たり・隣の家の玄関や窓・部屋の広さが鍵になります。
日当たりはそのままの意味ですが、日当たりの良さだけでなく畳のある和室など日が当たると変色や劣化の怖れがあるかが大事です。隣の家の玄関や窓と自分の家の窓や玄関の位置によって気まずくて開けらない「開かずの窓」を作ってしまいます。位置をずらしたり窓ガラスを磨りガラスにするなど不可視性を高めましょう。部屋の広さは家具を置いた広さで確認します。家具のサイズをキチンと計測して図面の段階ではめ込んでみると、実際の広さが実感しやすいですね。間取り次第で良し悪しが決まってきますので、風水などを気にするのも良いですが暮らしやすいかどうかを要チェックしましょう。

素材を何にするかで印象がガラリと変わる!

床や壁材など選択肢が色々あって迷いますが、色よりも素材にどんな特徴があるのかで決めて行きましょう。
床材では無垢材・合板などがありますが、足で触れた時の優しい感じを求めるなら無垢材がお勧めです。フローリングは夏場はヒンヤリしていて気持ち良いですが、冬になると「しもやけ」になりそうな位冷たく暖房が効きにくいデメリットがあります。カーペットを敷いたらどうなるのか、床暖房を入れるかどうかなどの選択を考慮しましょう。壁材は無垢材を張るのも良いですが、壁紙の素材が何で出来ているのかをチェックします。中にはカビが発生しやすい調湿性が低いタイプや掃除しにくいタイプもあるので確認しましょう。漆喰など塗るタイプもありますが自分でDIYするのかも検討しながら家づくりを楽しむと良いですね。

間取りと言えば、建物の区分けや配置の事を言い、住宅やマンションを購入する際にLDKを良く使われますが、実際は部屋の畳数や一部屋の広さのも重要です。

© Copyright House Things You Need. All Rights Reserved.